FC2ブログ

科学革命

コツコツと『サピエンス全史』を読む毎日。スマホで読む電子書籍は、便利なような、何か違うような違わないような。マーカー機能は諸々便利だけど。

科学革命の辺り。15世紀あたり?

やー、なんやろ。哲学史好きだから、なんか燃えるなと。
それまで
「世の中は現状維持、神の教えの範囲で全てを人間は知っている」
っていう前提だったのが、

「俺たち何も知らんわ、でも実験してくことで明らかになることもあるし、それでより豊かになれたりもするわ」
となった。

や〜〜〜。大した話じゃないと感じる方もいると思いますが。

「未だ知らぬ答えがある」

「未だ知らぬ答えを見つけ続ければ究極の答えがあるはず」

真理の探求。
多分20世紀後半でブームとしては終わってしまったものが、スタートするんだなぁって。熱い。
勿論、古代ギリシャからイスラム世界へと受け継がれてた探求の精神あってこそでもある。

聖書の範囲で数百年生きたキリスト教世界もだから良くないということではなく。
(考える頭がない方が幸せっていう見方は今も昔も)
(でもそれを操る一握りは結局潰し合うわけで)


読み途中だけど。マゼラン艦隊の世界一周が、扉を開いたと位置付けられるのかな?
フランクリンの凧。

ゼロから歴史を考えるのはとても有意義だ。
明らむ、諦む。
スポンサーサイト



テーマ:歴史関係書籍覚書 - ジャンル:本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ヒゲ

Author:ヒゲ
ヒゲです。
概ねゆとり世代なのでゆとり世代カテゴリーで書いております。
矛盾を減らして暮らしていくのがモットー。
https://bookmeter.com/users/883686
↑読書メーター楽しいです

カテゴリ
検索フォーム
リンク