FC2ブログ

ミクロ、人生

ミクロとマクロの話をしていた。
ミクロが自分の人生として、マクロは社会の動向とでもしようか。

はっきりいって社会を変えるのは難しい。抗うのも難しい。
だが例えば社会の常識、のようなものを、うまく躱すことはできる。
役所に行っても助けてもらえないかも知れないが、友人や家族を大切にしていれば助けてもらえるかも知れない。
(どんなに税金や保険料を真面目に納めて法を遵守して生きていてもいざというときに役所が助けてくれないことは往々にしてあると)

また、本来マクロの舵取りをするべき職というものがあるが、蓋を開ければ自分の人生、ミクロのことしか考えていない者が少なくないのではないか?あくまで仮定だとも。

マクロの舵取りをする職を仮に代議士であるとして。代議士の仕事とは何で、それにはどれほどのお金が必要なのか?そこでかなり、意見は割れるのかも知れない。ドサ回りをして認知度と好感度を上げることは「本来の仕事」とは何も関係がない、ないのだ。でもそういう理屈じゃない部分で人間は生きている。



まあ。
一度極端な理想の本でも読んでこようかな、多分極端でストイックな理想政治を語ってるのはプラトン。

それはそれとして。
それぞれが、2,3の村に股をかけて所属して、小さく動きながらバランスを取れるような、そんなのが少し理想だ。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ヒゲ

Author:ヒゲ
ヒゲです。
概ねゆとり世代なのでゆとり世代カテゴリーで書いております。
矛盾を減らして暮らしていくのがモットー。
https://bookmeter.com/users/883686
↑読書メーター楽しいです

カテゴリ
検索フォーム
リンク