FC2ブログ

新学期、テキナ

誰かにとって明日は、明日から新しい日々が良くも悪くも始まる特別な日。誰かにとっては年に一度のおふざけ祭で端的に言ってやや面倒な日。
そして誰かにとっては特に変わらぬ一つの日。俺おれ。

ジョギングは相変わらずしてて、公園とかの桜がデカデカと咲いている、タイミング逃したなと思う年だ、今年は。先週は記録的に忙しかったから。ええけど。

多分原チャで立川に行く。明日。いや、天気にもよるけど。映画館に行く用事があって、嗚呼。冒険。停め方とか全然わからん。置く場所あるのか的に意味で。

そう。用事なんて月に2回くらいしかないイメージなんだけど、なぜか、或いは日曜日の宿命か、用事が同じ日に重なり。どっちもとても楽しみだから、別々の日だったら良いのにと思いつつ、まあそんなこともあるか。

贅沢な悩みでもあるか。

布団干したい。

勝手に、人事は尽くしてると確信しているので、外から何かが舞い込むにしろ自分から踏み出すにしろ、春が楽しみだ。
何にせよ原チャ旅かな。
スポンサーサイト



deflation

わかる人にだけわかればよい話で。

980円のワークマンのランニングシューズが本当にお気に入り。軽く履き心地良く、マジックテープだからササッと締めたり緩めたりできる。

数カ月使うとインソール表面が擦り切れてきて、かえって安心する、この辺は980円クオリティだ。
で。もう一足買ってあるので切り替えも悪くないが、その前に。
100円のインソールを買ってきた。25.5cm用でピッタリ、最高。フィット感も増して、神の領域に手が届く。
こういった、スッポリ感ピッタリ感は本当に気持ちが良いし、安くて良い物同士を組み合わせて完璧に近付くのは、は〜〜〜〜〜やばい。自分の本質に近い気がする、今ある物でベストを導きたい癖。
(今ない物に手を伸ばすのは苦手。小者)


勿論、実際に何度も走ってみないとわからないけどね。
とはいえ、とても気分が良い。
インソール切る作業はめんどいしね(^o^)切り過ぎたら失敗なわけで、地味につらい作業よね。


980の普段靴、100のインソール、1200円の散髪、スマホの月額が780円(予定)、1000のストレッチジーンズ、500の中古Pコート……。

これらは偶々で、しかし自然とこうなった。我慢もなく、やり過ぎとも思わず。
俺は良い、人に押し付けもしない。
この幸せが、実際には物が安く金だけ高く余っていくことの表れなんだろうと思いながらも。
今ある物、今在る状況で寝たまま手の届くベスト。


そろそろ贅沢したいけどね。旅行とかしたいな〜。

animes

昨年末からの流れで。
『今期のアニメ』をまあまあ観ていた3ヶ月だった。5本?は、確実に自分の中では最多。

・ゆるキャン△
実はまだ最終二話くらい観ていない。ゆるキャンは、酒を飲みながら観ると決めてるところがある。つまり、ゆるキャンを観ながらの酒はうまいので、肴なので、飲むときまで観ない。厄介なこだわりが生まれている。
内容に関しては、ただ良い。2期になって、新たな組み合わせが自然な流れで生まれたりなでしこがソロしたりしまりんと周りの距離も縮まっている印象だったり。ゆるキャンは色んな意味でカラーが良いですよね。

・のんのんびより
好き。これまで、登場人物の少なさにどこかで田舎の寂しさを感じてしまうとこがあった拙僧ですが、今期は後輩ちゃんやれんちょんの妹分もきて、より好みな雰囲気でした。れんちょんは本当にかわいいと思います。こまちゃんが一番好きですが。映像がキレイで癒やされるネ。

・ワールドウィッチーズ発進します
ショートアニメですが。501はとにかく良い。特に宮藤さんの表現が豊かで好き。502は元のつらさをどうギャグに変換するかで頑張ってたと思う。どちらも良いがやはり501は素晴らしい。

・呪術廻戦
日常ものばかりだった自分がこれを昨年末からの見始めたのはコミュニケーションがきっかけ。更に前のキメツもある意味そう。とりあえず見始めると、充分面白いので追いかけるのは悪くない。部活もの的な雰囲気が一番助かるけど、段々バタバタしていくんでしょうね……。京都校組?との絡みとか良いよね。ベタに釘崎がキャラとしては好き?しかしまあ、やたら動くし作画キレイで、すごいなーと思う。

・5等分の花嫁
なんで観てるか……昨年末のゲームしながら流すアレで。特別中の人推しとかもなく、ハーレムものみたいなのを久々に観るのも悪くないみたいな客席後方腕組彼氏視点。三女が好きだしメインでしょと思う。長女が軽めに闇を出してく点が好きでした。佳作というか、たまには良いな(後方腕組)。



たまたま上3つがあったから5本に上ったけど、追いかけるのはなんとなく面倒に感じることもあるので、来期以降はわからない。とはいえ、今を追うのは楽しくもあった。今後とも興味を持っていたい。あとセーラームーンとか、フリクリとかなんとなく観てみたいな、鶴巻さん的に。

テーマ:アニメ・感想 - ジャンル:アニメ・コミック

gaming

ゲームの一つの楽しさは、現実にない着実な積み上がりだと勝手に思ってる。現実世界には数値化できる経験値も無いし無限に貯められるアイテムも無い。それで良いんだけど、やはりゲームは楽しい。

が。
現実に手応えを感じたりするときには、ゲームも相対化される。あ、この感覚で進むなら、ゲームより現実に割く時間増やした方が良い気がする、みたいな。

また、ゲームも永遠ではないし、刺激は少しずつ薄れていく。そこが満足のしどころでもあろう。
コミュニケーションツールとして意外に便利なのは、一旦置いとくとして。


気持ちが逸るときは身体の声を聞くのが良い。
も少し疲れがとれたら、のっそりと。春へ。

仕上がり

例えばお酢とか、大豆たんぱくとか、ビール酵母とか。お湯や水を意識して飲んだり。夜ジョギングをしたり。
苦痛でない範囲で、続けていることが果たして身になっているのか近くするのは簡単ではない。が、何かこう、パワーや重みみたいなものを感じる瞬間がある。錯覚だとしても。裏付けがあるから前向きに信じられる。そういうのは良いものだ。


1個大きな達成があると、暫く良い虚脱感みたいなものがある。少し、いつもとものの見え方が違う。思い切って一日の使い方を変えていこうとか、思い切って何か始めてみようとか、そんな気持ち。
あと、突然気付いたりする。
一つのことしかできない確信がある。一日を切り分けて、遊びや仕事、形としての何か勉強、恋愛、交友関係。うまくやれている人も普通にいるのだと思うし、自分は徹頭徹尾それができないし、気付いた上で、それでいい。
しかも、何かを極められる人間でもない、ほどほどで飽きる。だから何者にもなれない。
それでいい。
なぜそれでいいのか。考えるけど。一つは、誰と競う気もずっとないこと。もう一つは、変わるときもくること。そのうち、何かに盧めり込む自分に変わるかも知れないし、追いつきたい真似したい人が見つかるかも知れないし、気付いてないだけで何かの天才だと判明して2億円くらい稼ぐかも知れない。
変化があることを知ってる以上、今を受け入れているとでもいうか。


とりあえず何か続けられてることがあるし、それは呼吸たってそうとも言う、いつの間に仕上がっているものだ。仕上がらなくても、楽しく生きる方法を知ってるので、ほぼムテキだ、強いのでなく、戦う必要がないから無敵なのだろう。

a long and winding LORD

もう何から書いたものか。
(特に)ないです。

2泊ほど出かけていた。たまにはそんなのもいい。友人とめっちゃ喋ったり、そんな何気ない時間。久々に嘗ての行きつけラーメン屋に行ったり。

小さい目標を達成する毎に、大きく感じてたものが小さく、次の目標は見えない何処か。発見があるような、前にも後ろにも。

染み付いた匂い。自由の再発見。


お気に入りの漫画の更新も最高であり。
曲がりくねった長そうに見える人生が在る。

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

監督〜

例によってプロフェッショナル仕事の流儀庵野秀明編を観た。短いよ!

詳しくないので。スタッフの精鋭たちがどんな経歴かも知らずに観てたけど、熱海合宿のシーンとか好きだな。あの絵面。

鶴巻さんにスポットを当ててもう一回作ってほしくなるよね。

常軌を逸したトップ……が輝くのは支える仕事人がいるから。
フリクリとか、観てみようかな。


映画の感想でも書いたけど、終わったんやなということを改めて思う。小学生の頃から、終わらないコンテンツとして在り続けたので。
その視線、日本だけじゃないし、数億人?の視線を注がれ続けた監督が解放されるとしたら、見届ける価値はあったと思う。どこかで終わりを惜しむような緒方さんも印象的でした。


高校からの庵野秀明氏の経歴とか面白い。
そう在れる人。その人を支える人。うーん。

テーマ:今日見たテレビ番組 - ジャンル:テレビ・ラジオ

経験、予見、備え

何事についてもいえるけど、分かりやすいのは旅行。

旅行するとして、必要なものは何か。
予見して準備するし、失敗も経験して学ぶ。アメニティがどうたら、とか。旅先で何は用意されてて、何は持っていくべきか。どこまで事前に確認できるか。何は重荷にならないか、何は邪魔か。何はケチっちゃダメか。

俺的旅行で言うなら、出張セットみたいなものはある、小さな、ポシェット?みたいなもので、開いてフックに掛けたりもできる。歯ブラシ髭剃り爪切り綿棒などあれこれ入っている、どこで泊まるにも持っとくと気が楽。

日常で言えば。
財布、カード入れ、カギ、メガネ、マスク、外用イヤホン(壊れてもいいやつ)は一式壁掛けポケットにある。出掛けるときこいつの中にあるものだけ確認すればよい(たまにカギをズボンに入れっぱなしにして焦るのもセットだが)。

災害の備えなんかは、まあまあ。ちと甘い。

引っ越しの備え。でかい家具は持たないようにしてる。とはいえ毎回バタバタするけども。

デートの前に、爪と鼻毛を切る、とかね。


色々あり、経験すると、次を余裕と共に迎えられるよう備えをする。
そういうのは楽しみたいことだ。

仮定から導かれる今とあとハンターハンター

例えば今日が地球最後の日なら何をするかとかそういう。今を再認識する方法ってあると思うのですが。

結婚だったり子どもを儲けることをリアルに考えることがあったとしたら、何も背負わぬ日々はあまりにも恵まれているように思う。
眩しすぎて真っ白ともいえる。色彩もない、それが素晴らしくもあり、寂しくもある。
自分のページに、白もあれば虹色もある、そんな風に考えるのが前向きだろうか。
何にせよ平和は在り難く、忘れやすい。

或いは。
自由、というか、他人に振り回されない時間。
他人に振り回される心、振り回されない心。人によって比率も違う。俺は他人と関わるととにかく気持ちを振り回される。色々気になるし恐れもする、不満も抱く、期待も勝手にする。総じて疲れる。それについて考えたことは何度かあるが、結論それを変えることはまず絶対にできない。というか、変えられたとしたら、それはもう別の人生で、今までに根差す自分が失われることなので、そんな大損は絶対に嫌だといえる、損得という表現は違うがこのくらいゲスっぽく言った方が正しい。
何にせよ、他人について気を揉むのが本質である以上、あまりたくさんの人と関わる人生は俺には無理だ。1対1で仲良くしてくれる友人や、間に挟まってくれる友人を大切に思うばかりである。

或いは嘘。
優しい嘘。to be true。辻褄合わせ。or,let it be。



ところで。
ハンターハンターを久々に読んでいる、本当に久々だ。人生に深く関わる本でもありながら。
総選挙編から新大陸編の頭辺り。字が多い分、読み返す価値は大きい。こんな内容だったか。

あらためて。ジンに会って、キルアも旅に出て。レオリオも医学生だし。実質大団円じゃんと思うが、クラピカと旅団なあ。
エヴァが終わった今だから余計に、これ終わる、というか、新大陸に上陸できんのかなとか、ドンとか現れるのか、とか。
なんにせよいいものだ、没頭できる。ありがたいことだ。

悩みの次元4.0

目標があるなら、悩みも常にある。
だが、進むほど、悩みの次元は上がっていく。


それはそれとして。

忙しく過ごす日の前後を、ゆったり過ごせる。それは素晴らしい。今日含めた3日間はそんなカンジだ。

一昨日は、整えるだけの日。朝起き、軽く用事を済ませながら、夜眠る。

昨日は忙しかった。朝身支度して、千葉へ。バタバタと過ごし、夜帰ってきてまた会合、酒!みたいな。めちゃめちゃ充実してたけど、やはり疲れた。

今日は酒が抜けるまでゆっくり。抜けてからもゆっくり。考え事や連絡事だけさっくり。

とにかく考える事が多い。反省もあれば達成もあり。
人生は考える事が多い。本来の人生だ。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

プロフィール

ヒゲ

Author:ヒゲ
ヒゲです。
概ねゆとり世代なのでゆとり世代カテゴリーで書いております。
矛盾を減らして暮らしていくのがモットー。
https://bookmeter.com/users/883686
↑読書メーター楽しいです

カテゴリ
検索フォーム
リンク