FC2ブログ

animes

昨年末からの流れで。
『今期のアニメ』をまあまあ観ていた3ヶ月だった。5本?は、確実に自分の中では最多。

・ゆるキャン△
実はまだ最終二話くらい観ていない。ゆるキャンは、酒を飲みながら観ると決めてるところがある。つまり、ゆるキャンを観ながらの酒はうまいので、肴なので、飲むときまで観ない。厄介なこだわりが生まれている。
内容に関しては、ただ良い。2期になって、新たな組み合わせが自然な流れで生まれたりなでしこがソロしたりしまりんと周りの距離も縮まっている印象だったり。ゆるキャンは色んな意味でカラーが良いですよね。

・のんのんびより
好き。これまで、登場人物の少なさにどこかで田舎の寂しさを感じてしまうとこがあった拙僧ですが、今期は後輩ちゃんやれんちょんの妹分もきて、より好みな雰囲気でした。れんちょんは本当にかわいいと思います。こまちゃんが一番好きですが。映像がキレイで癒やされるネ。

・ワールドウィッチーズ発進します
ショートアニメですが。501はとにかく良い。特に宮藤さんの表現が豊かで好き。502は元のつらさをどうギャグに変換するかで頑張ってたと思う。どちらも良いがやはり501は素晴らしい。

・呪術廻戦
日常ものばかりだった自分がこれを昨年末からの見始めたのはコミュニケーションがきっかけ。更に前のキメツもある意味そう。とりあえず見始めると、充分面白いので追いかけるのは悪くない。部活もの的な雰囲気が一番助かるけど、段々バタバタしていくんでしょうね……。京都校組?との絡みとか良いよね。ベタに釘崎がキャラとしては好き?しかしまあ、やたら動くし作画キレイで、すごいなーと思う。

・5等分の花嫁
なんで観てるか……昨年末のゲームしながら流すアレで。特別中の人推しとかもなく、ハーレムものみたいなのを久々に観るのも悪くないみたいな客席後方腕組彼氏視点。三女が好きだしメインでしょと思う。長女が軽めに闇を出してく点が好きでした。佳作というか、たまには良いな(後方腕組)。



たまたま上3つがあったから5本に上ったけど、追いかけるのはなんとなく面倒に感じることもあるので、来期以降はわからない。とはいえ、今を追うのは楽しくもあった。今後とも興味を持っていたい。あとセーラームーンとか、フリクリとかなんとなく観てみたいな、鶴巻さん的に。
スポンサーサイト



テーマ:アニメ・感想 - ジャンル:アニメ・コミック

まず気付くべきこと

「土地と海を持てるか」


食糧危機についてテレビが報道していた。
世の中はとてもかなしい。

(アフリカとかでめちゃめちゃ人口が増える?メカニズム?ってなんなのだろう。
死にやすい前提だから沢山生む?
避妊やらなんやらの習慣が足りてない?)

生きる為に本当に必要なのは貨幣ではなく食糧なんだけど、その単純なことすら歪められて、貧しい人が財布を握ってスーパーマーケットとハローワークに行く。


自分で食糧を生産できるか?
生産するには手段がいる、突き詰めると土地が要る。

そう考えると、土地をめぐっていっぱい戦争をしてきた歴史はとってもシンプルだ。いや土地以外をめぐるのもあるけど。
(でも市場だ貿易だ経済だで戦争するのって、うーん、なんかとても愚かな気がするけどわからん。土地の為なら、わかりやすいのに)


誰が豊かなんだろうな。先祖伝来の農地を持ってる人こそ、豊かなのか。
あくまで、金(貨幣)を転がして沢山増やした人が豊かなのか。
貨幣に価値が無くなったとしたら(その仮定を想像できる人とできない人がいると思う、どちらも正しい)(貨幣に価値が無くなることは地球から酸素が無くなることと同義なのか、経済無しで人は生きられないのか生きられるのか?)、みな暫くはスーパーマーケットを物色して、いずれは農村漁村に向かうのだろうか。双方武装するだろうか。先に備えていた方が勝つのだろう。



個人的には。地球?人類?は続かないと思っている、普通に。作って捨ててで成り立ってるから、いずれ使い果たすし。人はまあまあ増えるし。先進国?のお年寄りは散々楽しんできて、これからは我慢だと言われても上手く機能しないだろう。ワタシは我慢できますというあなたは、先進国の人だと思う。とにかく開拓をして豊かになって……という段階の人には、なーに水さすようなこと言ってるのという話だ。


俺が血の繋がった子を育てる確率は50%くらいだが、子の代はまだいけるか、孫(会える確率25%)の頃には未来なんて無いんじゃないか。無責任というよりは、未知と現実?
自信を持って、人は未来の為に何もしてやれないと思う。やった気にはなれるけど。変わらないでしょう。だって、土台が変わらないんだから。作って捨てて。


或いは。
大災害か、疫病か。あまりにも悲劇的な人口の減少。それは変化かも知れない。
今は疫病のシーズンのようだが、変化に繋がる程ではないように思えるがわからない。医療従事者の皆さんに本当に感謝しながら、青い電球?を灯そう。手紙も書こう。


世界は変えられる!という気運みたいなものは、時代によってあったりなかったりすると思うんだけど、本当は人によってあったりなかったりするのだろう。そしてそれは変わっていく、だからそのうち俺も。世界は変えられる!と思って何かしたいな〜。本当したい!


ただやはり今は、
変わることよりも、
同じように回り続けることを、
世の中は望んでいると個人的には思うな。

テーマ:考えさせるニュース - ジャンル:ニュース

悪について説明できるか

善悪の尺度は、見る人によって変わるので段々考えなくなると思うのだが。

それでも明確に思える悪はある、それは言葉にするなら何か。


他人を利用する、他人の心の弱いところを利用する。
多分、変わりたいと願う気持ちや、寂しいと思う気持ちに。

まるで手を差し伸べるように近づき、結果的に救いもする。だから誰かから見ると善で、それで終わり?

救われなかった人は自己責任として切り離す。
また、自分から派生して同じことをする人間について、責任を取らない。


(つまり【関わった人間に対して責任を負うこと】というのが人間の大切な部分なのかも知れない。家族。恋愛。仕事)


また書こう。

タテマエとしての他人の命

結論は、いやーね。難しいね。になりますが。


人命を、なにものにも優先されるべきとする価値観が、社会の確固たる主流としてあると思う。

『命の次に大事な金』
『何故人を殺してはいけないか?』

命を第一とする基準で、色々な概念が成り立ってる。


北朝鮮による拉致被害の記事が目に入って、常々思ってることについて書きたくなった。

国の役割というのは国民の命を守ることで、国民が他国に拉致されたのを放っておくことは国として破綻してるようなもの、という話になる。そのとおりだと思うし、それでいて相手が厄介なのもつらい現実だと思う。
また、向こうには、もう向こうなりの人生があって、何をしても何かは壊れるのだとも思う。


さてまた別の方に目を向けると、昨今の感染症騒動がある。これも人命に関わる。
これがなんとも「微妙な脅威」であるところが難しいと個人的に思っている。
ほぼみんな「自分は死なない」と思っていて実際にそうだから、危機感もなく。
その上で、一握りの死者数を減らす為に世の中は停まろうとして、しかし停まりきれず。

経済の方でもっと沢山死ぬよね、ということを思う次第で。


経済で間接的に人が死ぬ分には、自己責任にできるし、そもそもずっとずっーと放置し続けていることだから、問題ではないのだろう。

そこんとこの、把握できるちょっぴりの命を救うアピールをして、見えないところで沢山死ぬ命は気にしても仕方ないという欺瞞。

「みんな人間だもの」となる。人間だから、神でもなく、自分と、家族と友人の幸せまでしか描き得ない。どんな地位にいたってそれは同じだ。
顔も知らん人間が貧乏だろうが自殺しようが、それよりも家族と友達の会社にお金を流してお互いが笑顔になることが大切だ、誰だってそう。

いやーね。難しいね。

何か変わるかな?

今日は必要喫緊の用があり新宿へ。都心は活気がある。

小中高が休みに突入とのことで、思い切ったことをしてインパクトがあったがインパクト重視だったんだろうな。
自分が休む側だったら、学年にもよって、どんな気持ちだっただろうか…休みは嬉しいけど、かけがえないシーズンでもあり。
そういう情緒的なことは置いといて、学校と教育ってなんやろなとも思う。ひと月近く突然なくなっても、教育の機会喪失の面ではあまり気にしてない現実。過激な記事がそれを揶揄してたけど、確かにそのとおりとも思う。「神は死んだ」のエピソードに似ている気がする。

この手の事態で、情報にあれこれ当たってるとどうしても殺伐とした、荒んだ、攻撃的な論が目に入って消耗するので、調べるのをやめてしまう。ハイレゾ社会ってやつだ。ニコニコ動画を観よう…。
プロフィール

ヒゲ

Author:ヒゲ
ヒゲです。
概ねゆとり世代なのでゆとり世代カテゴリーで書いております。
矛盾を減らして暮らしていくのがモットー。
https://bookmeter.com/users/883686
↑読書メーター楽しいです

カテゴリ
検索フォーム
リンク