FC2ブログ

月曜日のラーメン

特に何もなく、図書館にそっと本を返しつつ、ラーメンを食いに行く。

二郎系は月曜定休が多かったりするだろうか?野猿と、あと歩夢は月曜休みだった。

するりと奥津家へ。うまい。大で千円は安くないけど、たまにはぷちぷち贅沢で。あと、俺は強めに醤油の味があるスープが好きなんだろうな、大勝軒しかり。マイルドさよりも、尖った醤油の塩気と旨味。

肌寒いが、自転車なら爽やかに感じる。
今週もちょいちょい天気は悪いらしく。原動機はまだまだお預けというところだろうか。
スポンサーサイト



エピローグ

良い天気だった。公園にはたくさんの子どもと、親と、大人たちが、思い思いの休日を楽しむ姿が在った。

夜会う予定だった友人と昼から会うことになり、駅で待ち合わせた後商店街で大判焼きを買い、公園のベンチで食べた。

鳥が桜を揺らすと、桜の茎がぱらぱらと落ちていった。

静かに見守る風景は、確かに俺たちが守り抜いた平和なのだ。了。


みたいな気分だった。映画のエンディングのような、何気ない小さな幸せに満ちた公園。友人とその公園に行くのが9ヶ月ぶりくらいだっただろうか?その頃と今で、色々変わり、良く変わった。


その後、喫茶『プリンス』に行った。無くなった印象だったが、ある、曖昧な認識だったので、確かめたく。するとオシャレリニューアルされて、ほぼ別の店になっていた、でも良いお店だった。

これからの話なんかをして。
一番良いと思えるひとときだった。

ミクロ、人生

ミクロとマクロの話をしていた。
ミクロが自分の人生として、マクロは社会の動向とでもしようか。

はっきりいって社会を変えるのは難しい。抗うのも難しい。
だが例えば社会の常識、のようなものを、うまく躱すことはできる。
役所に行っても助けてもらえないかも知れないが、友人や家族を大切にしていれば助けてもらえるかも知れない。
(どんなに税金や保険料を真面目に納めて法を遵守して生きていてもいざというときに役所が助けてくれないことは往々にしてあると)

また、本来マクロの舵取りをするべき職というものがあるが、蓋を開ければ自分の人生、ミクロのことしか考えていない者が少なくないのではないか?あくまで仮定だとも。

マクロの舵取りをする職を仮に代議士であるとして。代議士の仕事とは何で、それにはどれほどのお金が必要なのか?そこでかなり、意見は割れるのかも知れない。ドサ回りをして認知度と好感度を上げることは「本来の仕事」とは何も関係がない、ないのだ。でもそういう理屈じゃない部分で人間は生きている。



まあ。
一度極端な理想の本でも読んでこようかな、多分極端でストイックな理想政治を語ってるのはプラトン。

それはそれとして。
それぞれが、2,3の村に股をかけて所属して、小さく動きながらバランスを取れるような、そんなのが少し理想だ。

家族ゲームだったり

コバエが飛ぶのを見かけるようになったのでハエ取り紙を吊るしたり(効くぜ)、『家族ゲーム』を観終えたりした。
映画の感想として記事にするほどモノにはできていないので軽く流す。

面白さ:きもさ=4:6くらいが個人的な感想。皮肉が利いてるし、最後の晩餐のヤバさとか印象に残るけど、はい。
小津安二郎みのあるアングルとか、横から、はたまた上から。ぼそぼそしたリアルよりな喋り方とか。その辺にこだわりは感じつつ、うん。
まあいいかな。


『サピエンス全史』という人気の本を読み始めて、流石面白い。ジャレドも読み返したくなるね?
電子書籍で7割引きで買ったのはナイショだ。リーダーの縛りはあれど、ありがたい。

暫くは、本とか映像とかをモグモグする期間な気もします。
なべて、平和です。気候は、寒い。

鳥の囀る昼、賢しい者のMODE

偶の休日。
今日は天気が良かった。
なので布団を干して、本を読んでいた。

ああ。

昨日はデートみたいな一日だったので、翌日には何か心地良い虚脱感がある。
天気が良い日は、外に出ないとそんな気分になるのが常なのだが、今日は読書でいいと思える程度に満たされてもいて空っぽでもいた。

布団を退かした部屋を軽く掃除し、換気などし。
本も先日安く買えた電子書籍で、前評判どおりとても良い。


今日は良い日だ。なんとなく、大学受験を終えた14年前の春を思い出す。ひと仕事終えて、次を考える前の空白の時間。ああ。


人生には浮き沈みがある。
今浮いている感覚を静かに楽しむことで、また沈むときの希望になる。気泡になる?変換違いの妙だ。
(息をたくさん吸って、潜ったときに耐えると)

春は良い。
予定と天気に折り合いをつけて、何処かに往きましょう、そうしましょう。
プロフィール

ヒゲ

Author:ヒゲ
ヒゲです。
概ねゆとり世代なのでゆとり世代カテゴリーで書いております。
矛盾を減らして暮らしていくのがモットー。
https://bookmeter.com/users/883686
↑読書メーター楽しいです

カテゴリ
検索フォーム
リンク